utahblog

since Nov. 2003

日本でもiTMSでアフィリエイト始まる!

iTunes Music Storeのアフィリエイトがついに開始–4%の成果報酬 – CNET Japan ついに日本でもiTunes Music Storeでアフィリエイトが開始されました!!いやーiTMSの開始直後からアフィリエイトを行うと言われていて約4ヶ月後になってようやくという感じです。でも待ち望んでいた人は相当いたはず(僕も当然その一人)なのでうれしいニュースです。ある意味、Appleからのクリスマスプレゼント!? 気になるコミッションは4%。USは5%だったので1%低いですが、Apple Storeは1%なのでけっこう破格の設定なんじゃないでしょうか??

偽iPod!?

ITmedia D LifeStyle:クリエイティブ、“アレ似”なビデオ対応HDDプレーヤー「Zen Vision:M」 いくらなんでもこれはちょっとやりすぎなのではないでしょうか??確かに台湾のメーカーがShuffleの完全パクリを出しましたけどでも今度はCREATIVEですからねぇ・・・・。 見れば見るほどiPodに似ています。メニューなんてそっくりですよね。でもスクロールホイールではなくへんてこ(?)なボタンがついているのでまぁAppleに訴えられるという危険性は少なそうです。 でもこの「Creative Zen Vision:M」(ゼン ビジョン:エム)。もちろん動画再生に対応しているだけではなく、FMラジオやボイスレコーダーもついています。とりあえずiPodもどきはFMラジオとボイスレコーダーをつけるということで差別化する傾向がある気もしますけどね。 

iTMS、全米売上トップ10入り

iTunes Music Store、初の米国売上トップ10入り–楽曲販売でレコード店を上回る – CNET Japan iTunes Music Storeがアメリカにおける楽曲販売(もちろんリアル店舗を含む)でなんとトップ10入りしたんだそうです。 これってすごくないですか??? 調査会社のNPD Groupによれば、Apple ComputerのiTunes Music Store(iTMS)は、今やTower RecordsやBordersといった従来のレコード店より多くの楽曲を販売しているという。 というようにTower Recordsより多いらしいですからね。 CDの購入よりも音楽配信での購入のほうが多いというわけではないですけど少なくともiTMSが音楽の小売市場の中心に食い込んできたことは音楽にかかわる人にとって大きな意味を持つんだと思います。

携帯向け音楽ストレージサービス

本人だけ使える、携帯向け音楽ファイルの保存サービス – nikkeibp.jp – 注目のニュース 先日niftyがMOOCSという音楽配信サービスを始め、ついに音楽配信がPCと携帯の垣根を越えたかと思ったら今度はなんとPCからネット上のストレージに楽曲ファイルをUPし、そこで携帯向けの変換して携帯電話にダウンロードできるというサービスが始まりました。 MUSIC UPLOADER「MYUTA」というこのサービス。 会員登録を受け付けたのち、アクセスキーと専用ソフトを配布。同ソフトを通じ、会員1人あたり最大150Mバイトまで音楽ファイルのアップロードを受け付ける。またダウンロード提供時は、アクセスキーと携帯電話機の固有キーにより個人認証を行う。 というように携帯電話の固有キーで認証するので私的複製の範囲内ということ。これがPCだったりすると例えIDとPWで認証したといってもたぶんレーベルからかなりの攻撃を受けそうな気がします。

iPodの出荷予定

僕のビデオiPodの出荷予定日がようやくApple Storeの注文状況に表示されてました。 気になる出荷予定日は・・・・。 10/27 ちょうど一週間後です。 来週末にはきっととどいてますね!!! 楽しみです。 Apple iPod 30GB ホワイト [MA002J/A] posted with amazlet on 05.10.20 アップルコンピュータ (2005/10/31) Amazon.co.jp で詳細を見る

iTMSに新機能?

ビデオiPodの発売に合わせてiTunesが6にバージョンアップし、iTMSにはミュージックビデオとPixarのコーナーができました(USだとTV Showもありますけど)。 でもそれだけじゃなかったんです。 iTMSのトップの下の方に 「JUST FOR YOU beta」 というコーナーがあるじゃないですか。 これって前はなかったですよね???(もしかしたら気づいてなかっただけか??)

やっぱりビデオiPod登場

ビデオiPodが登場–2.5インチ画面搭載で薄型に – CNET Japan やはり登場したのはビデオiPodでした。iMacG5も発表されましたけどそんなのはかすんでしまいますね。 アップルコンピュータは13日、新型のiPodを発売した。新たにビデオに対応した新型モデルは30Gバイトと60Gバイトの2機種が用意される。両モデルとも2.5インチのカラー画面(320 x 240ピクセルのQVGA)を搭載しており、写真のほかにMPEG-4やH.264のビデオを再生可能。60Gバイトモデルには、最大で1万5000曲の音楽、2万5000枚の写真、150時間のビデオを保存できる。 2.5inchのカラー液晶、そしてMPEG4、H.264対応。しかも薄い!! う〜ん、ほしい!!! これはnanoを買わなかったことが功を奏したのかもしれません。

DocomoがiPod携帯開発!?

NTTドコモ、音楽分野で巻き返し  「iPod携帯」開発へ – CNET Japan なんとDocomoがiPod携帯を開発するんだそうです。う~ん、もしこれが本当なら携帯電話×音楽の分野で一気にauを追い越す可能性がありますね。 すでにAppleと話を開始しているという噂もあるみたいです。 まぁiPod携帯というかiTunes携帯ですよね。 海外だとMotorolaとAppleが手を組んで開発したiTunes携帯がついに先月発売されました。で確かシンギュラーが対応するんですよね。 と考えると日本での組み方はAppleとキャリアが直接話しをしているところがちょっと違います。まぁこれは日本の携帯市場は圧倒的にキャリア優位だからでしょうけど、果たしてDocomoはどこのメーカーと手を組むんでしょう??どのメーカーも是非とも組みたいところですねぇ~。

niftyも音楽配信参入。しかもSD方式

ニフティ、SD-Audio形式の音楽配信「MOOCS」。価格は1曲105円から niftyが10月31日から音楽配信に参入するんだそうです。配信形式はSD-Audio形式。まぁ夏くらいにSD-Audio形式での参入を表明していたのでようやく具現化されたってとこです。 サービス名はMOOCS(ムークス)。 iTMSのスタート以降では初の新音楽配信サービスですよね。iTMSがある意味一人勝ちになりそうな予感がする中で新たに参入するというのは勝算ありなんでしょうか? でも個人的にはまったくないというわけじゃないと思います。 まず最大のポイントはSD-Audio形式ということ。SD-Audioって実はDRMの規格でもなんでもなくてMQbicというSD用の著作権保護を使ってます。 デジタル著作権管理は、東芝の開発した著作権保護システム「MQbic」(マルチキュービック)を採用している。また、楽曲をSDメモリーカードへ保存する際には、SDメモリーカードにおける不正コピーを防止するためのコンテンツ保護方式「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)を用いる。 というようにDRMじゃないんですね。録音できるメディアのためのコンテンツ保護ということです。つまり楽曲ではなくメディアに保護をかけるみたいな感じですかね。 なのでMQbicを使っていると別にSD-Audioが再生できる機器なら再生できるみたいなんですよ。

Dell製Shuffle!?

ITmediaニュース:DellのiPod shuffle対抗プレーヤーは同価格、FM、液晶付き ちょっと遅めの夏休みをとっていたのでしばらくエントリしてなかったのでリハビリを兼ねて軽めのエントリ。DellがiPod shuffle対抗の端末をだすそうです。それがこれ「Dell DJ Ditty」です。512MBで$99と完全にiPod shuffleと競合。WMA対応なのでYahooとかNapsterのようなサブスクリプション型サービスでも使えます。そしてFMチューナーもついてます。あとそうそう液晶もついてます。なので機能的にはshuffleよりも上なんでしょうね。とはいえnanoよりは下ですけど。まぁその分安いですからね。

« go backkeep looking »