utahblog

since Nov. 2003

Yahoo!ネットラジオ型の音楽配信開始

Posted on | 8月 22, 2005 | コメントは受け付けていません。

ヤフー、ネットラジオ型の無料音楽配信サービスを開始 – CNET Japan

Yahoo!はなんと音楽配信にまったく新しい形で乗り込んできましたね。まぁそもそもMoraと提携したサービスを開始したときもこれが本命のはずはないとは思っていましたが・・・。てっきりアメリカで始めている定額制が本命だと思っていたんですけど裏切られました。しかもよい方向に。

Yahoo!が今回始めたYahoo!ミュージック サウンドステーションはネットラジオなんです。しかも約10万曲!!これって日本の音楽配信サイトの多くとほぼ同じだけ楽曲をもっているってことです。それに、

楽曲のジャンルやアーティスト別に全部で35のチャンネルがあり、それぞれ1~5個の番組が用意されている。番組を選ぶと自動的に専用プレイヤーが立ち上がり、自動的に楽曲が流れる。既存の音楽配信サービスと違い、ストリーミング型のため端末に楽曲を保存することはできない。また、個別の楽曲をユーザーが選ぶことはできない。


というようにかなり豊富なジャンルがあります。例えばJ-POP、J-ROCK、POPS、ROCK、クラシック、ダンス、ジャズ、ワールドミュージック、イージーリスニング、歌謡曲といったジャンルがあるし、それだけじゃなくアーティスト専門局やレーベル専門局、それにあとはYahoo!レコメンドの局がかなりあります。
これってよくよく考えたらレーベルにとってもけっこうメリットありますよね。有線放送と同じだし、そこに自分たちの専門局をもてるんですからプロモーションやマーケティングにもなりますもんね。

そしてこのビジネスモデルは映像のGyaOに近い広告モデルを採用してます。

楽曲再生前に30秒の映像付き広告が流れ、その後5曲ごとに30秒の広告が流れる。サービス開始時点ではヤフーまたはトヨタ自動車の広告が流れており、9月1日からはアサヒビールが広告主として加わる予定だ。

これがちょっと面白い。とはいえラジオってもともとそうですけどね。でも音楽配信を無料でというのはいままで考え方としてはなかったわけでそういう意味では新鮮です。それだけじゃなく、

楽曲を再生している間、専用プレイヤーの画面には楽曲に関する情報とCD販売サイト「Yahoo!ミュージックショッピング」や楽曲をダウンロードして購入できる「Yahoo!ミュージックダウンロード」へのリンクが表示される。ヤフーでは広告収入のほか、楽曲やCDの販売で収益を上げていく。

ここも良く出来てます。
どうせだったらアーティスト情報へのリンクもでればYahoo!へのアクセスもより増えますよねぇ。あと4曲以上聴くときはYahoo!にログインが必要。

それにしても使ってみれば使ってみるほど良く考えられたサービスな気がします。ほんとこれで有線放送いらなくなっちゃうかも。まぁちょっと音質は悪いですけどね(32kbps。音楽配信がだいたい128kbpsです。)

GyaOとこのYahoo!ミュージックサウンドステーション。この二つの無料広告型配信モデルが有料配信のモデルを変えてしまうのか?そしてGyaOやYahoo!に追随するところがでてくるのかどうか?
iTMSの上陸だけじゃなく、音楽配信市場に新しい形を持ち込んだYahoo!が今度は動画でも広告型モデルを投入する可能性もありますよね。
う~ん、やっぱりYahoo!になってしまうんですかねぇ・・・。

Comments

Comments are closed.