utahblog

since Nov. 2003

Google TalkはSkypeキラーと連携合意

Posted on | 8月 26, 2005 | コメントは受け付けていません。

“Skypeキラー”の「Gizmo Project 1.0」が「Google Talk」と連携合意

先日提供開始になったGoogleのIM、Google Talk。これがけっこう音質がよく、使えそうな感じがします。Yahoo!やMSNがメッセンジャーであるのに対し、Google TalkはSkypeと同じく音声をメインとしている感じですね。

でこのGoogle Talkが早速Skypeキラーと呼ばれるGizmo Projectと将来連携するという発表がありました。Gizmo Projectとは初めてしったんですけど、

Gizmo Projectは、起業家のMichael Robertson氏が設立した米SIPphoneの社内で発生したプロジェクトで、標準規格のSIPプロトコルを使用したソフトウェアVoIP電話だ。 SIPphone発足当時、音質がよく信頼性の高いソフトウェアVoIP電話が存在しなかったことから開発チームが結成されたのだという。名称に「Project」が入っているのはこうした経緯によるもので、これまではその開発成果が一般に公開されていた。


というようにSIPプロトコルを使ったVoIPで音質と高機能が売りみたいです。見た目は結構Skypeに似てたりするんですけどWindows、Mac、そしてLinuxにも対応するし、

今回発表された「Gizmo Project 1.0」は、PC同士で無料通話できるだけでなく、一般電話からの通話をバーチャルナンバーを使用してPCで受信することも可能だ。さらに SIPphoneから「Call Out」通話料を購入することによってPCから世界各地に電話することもできる。そのほかに無料のボイスメール、携帯電話からのSMS通知機能、音声通話の暗号化、受信通話を地図上に表示するなど多彩な機能を持っている。Skypeキラーと呼ばれる所以だ。

というように本当に多機能。地図との連携なんてちょっと面白い(役に立つかは不明ですけど・・・・)。SkypeにあってGizmoにないのは会議通話くらいですかねぇ。

でもってGoogle Talkは将来的につなげるとのこと。これはGoogle TalkがまだSIPに対応してないからですね、きっと。対応したらすぐつながるのかもしれません。

Google Talkを知り合いがちょっと調べてわかったことがいくつか。STUNサーバーというものをどうも使ってるみたいです。STUNとはsimple traversal of UDP through NATsの略で、つまりNAT超えのための技術。P2P通信もこれを利用してNAT越えをしているとのこと。

Skypeだとスーパーノードがこれにあたるのかな??Googleの場合は独自でもってるんでしょうか??まぁどちらにせよ、このサーバーを使ってるんだそうです。

でもGoogle TalkがGizmoと連携したらVoIPの中ではかなり強力なプレイヤーになるかもしれないですね。ちなみにMacに搭載のiChatもJabberベースなのでGoogle Talkとチャットできるみたいですよ。

Comments

Comments are closed.