utahblog

since Nov. 2003

GoogleのRSSリーダーが登場

Posted on | 10月 11, 2005 | コメントは受け付けていません。

Japan.internet.com Webマーケティング – Google も RSS に本腰、『Google Reader』ベータ版を公開

Googleが今度はRSSリーダーを公開しました。もちろんGmailなどと同じブラウザベース。これは試してみるしかありません。

152004071-logo.png

いつもの通りGoogle Labsの中で公開されていて、これまた最近のGoogleのサービスと同じく利用にはGoogle Accountが必要。Gmailを使っていればそのまま使えますがつかってない人でも”Create an account now”があるので大丈夫です。

今はBloglinesを使ってるんですけど果たして乗り換えるだけの価値があるか??早速使ってみました。

まず、Google Readerの一番の特徴が検索機能も備えること。検索機能といっても自分が登録したFeed検索ではなくブログ検索です。
使い方も自分でRSSを登録するというより、検索で探して気になるものを登録するというイメージに近いです。なのでこの検索機能はGoogle Readerにとってかなり重要なはずです。まぁGoogleですからそれも当然だと思いますけどねぇ。それにもちろんGoogleの検索技術を使っているんでしょうからあえてGoogleに対してPINGを送る必要もないのでかなり多くの検索結果がでるんじゃないかなぁ~。と思ったんですが実際のところはそんなには表示されません・・・・。Technoratiなんかより全然少ない。これってもしかするとブログ検索とは全然異なるのかなぁ???
ちょっとその辺は良くわからないです。でも検索して気になったものをその場で登録するというのはわかりやすいかもしれませんね。

RSSリーダーとしての機能は普通で、例えばBloglinesからOPML形式で吐き出したリストをインポートすることもできますし、GmailなどでおなじみのStarを付けておくこともできます。
あとなんといってもインターフェースがGmailに似ているところもよいかなぁ。もちろんAjaxを使ってます。リストのスクロールなんかは見ていて楽しいですよねぇ。でもリストに表示されるタイトルが全部表示されず途中で切れてしまうのとかはいまいち。タイトルもスクロールできたらいいのになぁ。

それとたぶんこれも重要になると思われるのはLabelを自分で付けていくということ。これってパッとみ、Bloglinesとかでフォルダわけするのと似てますけど、大きな違いは一つのブログに複数のLabelを付けられること。そしてブログ全体だけじゃなく一つ一つのエントリーに対してもLabelを付けられるのです。これってTagと同じですよね。

SubscriptionsでそのLabelを選ぶとそのLabelを付けたブログが表示されるとともにそのLabelがついたエントリーが表示されるんです。
なのでもしかするとGoogle Feedは今までのRSSリーダーが新しく登録されたエントリーを読むためのものであったのに対し、今まで読んだものを上手くLabelを付けて整理していくことがポイントなんじゃないかなぁと思ったりもしました。(Bloglinesでも記事保存機能がありますけどね。でも保存した記事を分別することはできないです。)

その他Gmailでエントリーを送信するとかBloggerでそれについて書くなどの機能も備えています。でもBloggerだけじゃなくほかのブログでもすぐそのエントリに対して記事がかけるようにしてほしいなぁ。

あと最初にOPMLで登録したブログが削除できないんです・・・・。unsubscribeしてもだめなんだなぁ・・・・。使い方間違ってるのかなぁ・・・。

でももしかして使っていけばいくほど使い勝手のあるリーダーになる可能性もあるんじゃないかなぁと思いました。もうちょっと使い込んでみようと思います。

あともう一つ!!
こんな便利なものを見つけました!!
クリボウの Blogger Tips: Google Reader に登録するための Bookmarklet
Google Readerに直接登録するためのBookmarkletです。
これがあるとないとでは大違い。
感謝です!!

Comments

Comments are closed.