utahblog

since Nov. 2003

niftyも音楽配信参入。しかもSD方式

Posted on | 9月 28, 2005 | コメントは受け付けていません。

ニフティ、SD-Audio形式の音楽配信「MOOCS」。価格は1曲105円から

niftyが10月31日から音楽配信に参入するんだそうです。配信形式はSD-Audio形式。まぁ夏くらいにSD-Audio形式での参入を表明していたのでようやく具現化されたってとこです。
サービス名はMOOCS(ムークス)。
iTMSのスタート以降では初の新音楽配信サービスですよね。iTMSがある意味一人勝ちになりそうな予感がする中で新たに参入するというのは勝算ありなんでしょうか?

でも個人的にはまったくないというわけじゃないと思います。
まず最大のポイントはSD-Audio形式ということ。SD-Audioって実はDRMの規格でもなんでもなくてMQbicというSD用の著作権保護を使ってます。

デジタル著作権管理は、東芝の開発した著作権保護システム「MQbic」(マルチキュービック)を採用している。また、楽曲をSDメモリーカードへ保存する際には、SDメモリーカードにおける不正コピーを防止するためのコンテンツ保護方式「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)を用いる。

というようにDRMじゃないんですね。録音できるメディアのためのコンテンツ保護ということです。つまり楽曲ではなくメディアに保護をかけるみたいな感じですかね。
なのでMQbicを使っていると別にSD-Audioが再生できる機器なら再生できるみたいなんですよ。

そう。すなわち携帯電話で聞くことができるわけです。

アメリカではMotorolaからiTune携帯がついに発売されましたけどそれと同じことがこのMOOCSと携帯電話でできちゃうわけですよね。

これはけっこう大きいですよね。今は携帯だと着うたフルがどんどん伸びていて確か2000万DLを突破とか出ていたと思いますけど、PCを使うユーザーはPCで楽曲落として携帯電話にもっていって聞くというスタイルがMOOCSの開始によって広まるかもしれないですよねぇ。

それともう一つ大きいのはSDカードが差し込めてSD-Audioに対応している音響機器だったら基本的に楽曲がきけるということ。つまりカーオーディオでも聞けちゃったりするわけです。iPodを車載するキットがたくさんでてますけどこれを使えば携帯電話もしくはD-Snapで外出時は聴き、車ではSDカードを差し込んでカーオーディオで聴くなんてことが簡単にできちゃうんです。
これはいいなぁ。

もしかするとiTMSに次ぐ第二勢力にばける可能性もなしではなさそうです。
楽しみです。

Comments

Comments are closed.