utahblog

since Nov. 2003

やっぱりビデオiPod登場

Posted on | 10月 13, 2005 | コメントは受け付けていません。

ビデオiPodが登場–2.5インチ画面搭載で薄型に – CNET Japan

やはり登場したのはビデオiPodでした。iMacG5も発表されましたけどそんなのはかすんでしまいますね。
5gipod.gif

アップルコンピュータは13日、新型のiPodを発売した。新たにビデオに対応した新型モデルは30Gバイトと60Gバイトの2機種が用意される。両モデルとも2.5インチのカラー画面(320 x 240ピクセルのQVGA)を搭載しており、写真のほかにMPEG-4やH.264のビデオを再生可能。60Gバイトモデルには、最大で1万5000曲の音楽、2万5000枚の写真、150時間のビデオを保存できる。

2.5inchのカラー液晶、そしてMPEG4、H.264対応。しかも薄い!!
う〜ん、ほしい!!!
これはnanoを買わなかったことが功を奏したのかもしれません。

今だとApple Storeでも7-10営業日かかるみたいです。でもそれでも買いですよね。あー今日会社を休んでこのままApple Storeにいってしまいたい(笑)。買うなら映像のことも考えると60GBですかねぇ。音楽だけなら30GBで十分だけど。

でもとにかくこれでiPodの買い替え需要が高まるのは事実。そのあたりのビジネスセンスはさすがジョブスですね。でも映像までくると次はなんでしょう??通信可能なiPodかな??ちょっと気が早いけど(笑)。

そしてもちろんiTMSでも映像コンテンツの発売が開始になり、iTunesも6にバージョンアップ。しかも映像コンテンツもなんと$1.99!!(99¢は見間違いでした。)

音楽ビデオが$1.99というのは高いという声もあるみたいです。ほかで無料で見ることできるので。でもDLできて$1.99であれば楽曲と同じようにiPodとiTMSのコンビが音楽ビデオも有料という市場を生み出すことも考えられますね。

ユーザーは音楽ビデオのほかに、放映から1日経過したテレビの番組も購入できるようになる。提供予定の番組には、ABCテレビの「Lost」や「Desperate Housewives」、Disney Channelの「That’s So Raven」なども含まれている。1話分をダウンロードするには10〜20分かかるとJobsは述べた。価格は1話1ドル99セントで広告は入らない。

また、Pixar Animation Studioが製作した6本の短編映画もそれぞれ1ドル99セントで販売されることになっている

というように音楽ビデオだけじゃないんです。日本でも第二日本テレビやフジ、TBSが続々とネットでの配信に進出してきています。でもジョブスはそれを持ち出せるようにしてしまいました。
まだ日本のiTMSでは映像は配信されないんだと思いますが日本に進出してくると映像配信ビジネスもがらっと姿を変えてしまうような予感さえさせるビデオiPodの登場ですね。
と思ったら日本でも音楽ビデオとPixarの映像は配信されてます。
でも300円という価格設定はちょっと高い気がします…。これだと既存の映像配信を崩すのはちょっと無理かなぁ。これだと今の日本のコンテンツのが割安感があるかもしれないです・・・。(だってアニメとかって30分もので300円くらいですからね。)

あーでもほしい!!

Comments

Comments are closed.