utahblog

since Nov. 2003

Googleが書籍販売に進出??

Posted on | 1月 17, 2006 | コメントは受け付けていません。

GoogleがAmazon対抗でオンライン書店を始めるらしい / デジタルARENA

な、なんとGoogleがオンライン書籍販売に参入するという噂があるんだそうです。しかもその噂の出所が英BBCっていうんですから驚き。

Google書店の話はイギリス放送協会BBCのニュース「Googleが将来オンライン書店を検討中」で流れた。公式なアナウンスではないがインタビューを元にしていることと、すでに「Google Video」で米CBSのテレビ番組などの動画(Flashビデオ)を有料配信するサービスを開始したこともあり、Google書店実現にも期待が高まっている。

記事にもあるようにGoogleはGoogle Videoで有料動画配信を始めていて有料課金モデルもスタートさせています。それにすでにGoogle Book Searchという書籍の全文検索サービスも始めています。
なので書籍販売もデジタル書籍という意味であれば着々と準備は進めているようにも思えます。

デジタル書籍の販売といえばもちろんAmazonも計画していますし、既にAmazon Upgradeで購入した本をオンラインでも読めるようにするということも始めてます。

今までGoogleというと検索分野でのYahooやMicrosoftが最大のライバルだったと思うんですけど販売を始めるということはまたまた新しい市場に参入ということでAmazonなどもうかうかしてられないんでしょうけどGoogleがそういうった方向に向かうのはどうなんでしょう??という気持ちもしなくはないです。

検索であればそこは人々の通過点にすぎなかったですけど販売となるとそこは終着点になるわけでそのあたりサービスの設計などは大きく違うんだと思います。
大手ポータルは検索と販売を両方やってますけど上手く融合しないとどっちつかずになる可能性もあると思いますし、逆に販売を意識するあまり本来の検索結果というものが意識的に操作されたものになるということもありえますからね。(Googleを使っている人ってそういうことを嫌う人が多いと思うし・・・。)

でも販売を始めるということは決済も必要になってきます。Gmail以降Googleが会員化も積極的に進めていてGmailアカウントでいろいろなサービスを使えるようにしています。きっと販売についても販売することが一番の目的ではなく販売するまでに取得できる個人のもつデータが一番の狙いなんじゃないですかねぇ。それを最終的には広告に活かすというのがGoogleの目的なんじゃないかなぁ〜。

Comments

Comments are closed.