utahblog

since Nov. 2003

ラッシュの力で発電!?

Posted on | 10月 7, 2006 | コメントは受け付けていません。

通勤ラッシュの力で発電−JR東日本が東京駅で実験

ものすごく久々のエントリー。
今日ようやくMTを3.33にUPdateし、DBもSQliteにしたので500エラーとかがでなくなりました。
でデザインも変え、再出発!?(といってもまだぜんぜんデザインはできてません。ほぼデフォルトのまま。)

でエントリーの内容はというと、JR東日本がラッシュの力で発電という実験という記事です。

通勤ラッシュのエネルギーで発電—。JR東日本は16日から東京駅で、乗客が改札を通る際の振動で電気を起こす「発電床」の実験を始める。「乗客が歩く力だけで自動改札機を動かすのが目標」(同社)といい、新たなクリーンエネルギー活用の試みとして注目される。

 同社によると、発電床は音楽用のスピーカーと同じ原理で、スピーカーとは逆に乗客が床を踏む振動から電力を取り出す仕組み。同駅丸の内北口の自動改札の通路6カ所に設置する。

 1人が改札を通過するごとに約70—100ミリワットを発電、改札脇に設けるパネルで実際の発電量を表示する。1日約70万人が利用する東京駅の全改札に設置したとしても発電量は100ワット電球が10分程度点灯する約70キロワットにとどまり、発電効率の向上が大きな課題だ。

というように完全にクリーンな発電。
こういった動きってよいですね。
人が歩くというのはいろいろなところであることなので、ほかのところでもこういった動きが出てきたらよいですよね。
びんぼう揺すりの激しい人の机のしたに置いておくとか(笑)。

Comments

Comments are closed.