utahblog

since Nov. 2003

死神の精度

Posted on | 5月 4, 2008 | コメントは受け付けていません。

本屋でずっと気になっていて、買おうかなぁと迷っていて、ようやく買ったこの本。

短編集のような形をとっているけど、主人公はすべて同じ死神の千葉。

彼(というのかな?死神に性別があるのかわからないけど。)が担当する6つの人生が一つずつストーリになっているけど最後には全体として一つにまとまる。

[amazon]4167745011[/amazon]

で感想はというと死神が主人公といっても、すごくヒューマンドラマといった感じでした。

テンポもよく、気軽に読める感じ。確かに映画とかドラマ化には向いてるんだろなぁ。

でもこういうのって映像化しちゃうとちょっとチープな感じになっちゃったりしないのかなとも思ったりしました。(基本的に映像より本のが好きなので。。。。)

Comments

Comments are closed.