utahblog

since Nov. 2003

チルドレン 伊坂幸太郎

Posted on | 5月 4, 2008 | コメントは受け付けていません。

伊坂幸太郎を続けて読みました。
長編は読んでたけど2冊とも今回は短編。しかもこれまたドラマ化+単館上映されたものらしい。

これも「死神の精度」 と同じく、短編の形をとっているけど、つながった一つの作品。でも元々は全部ばらばらで雑誌に掲載されたんだそうです。最初からうまく考えられてたんでしょうねぇ。

[amazon]4062757249[/amazon]

個人的には「死神の精度」のほうが面白かった。

たしかに心温まる連作短編(と裏表紙に書いてある。)なのかもしれないけど、それ以上ではないかなぁ。

それだけでも十分よいのだけどね。息抜きに読むにはいいかなぁという感じです。はい。

Comments

Comments are closed.