utahblog

since Nov. 2003

VQ1005 分解その2

Posted on | 5月 6, 2008 | コメントは受け付けていません。

先日糸くずがはいったのでVQ1005を分解したという話を書きましたが、実はその後まったく写真をUPしてませんでした。

なぜかというと、すべてあり得ないほどのピンぼけだったのです。。。。。

なんでかなぁと考えていたんですけど、ここまでピンぼけすることってVQ1005じゃありえないので、再度分解してみました。

一番怪しいのはレンズ。レンズはまわして埋め込んでいく形式なんですけど、とりあえず、一番奥まで埋め込んだんですよね。

これでたぶんピントがずれちゃったんだろうと思うのです。

で少しずつ、緩めては写真をとって、Macで確認し、緩めては確認し、ようやく、これというところが見つかりました。

本当にこれが正しいポジションなのかはちょっと不明ですけど、 とりあえずは一見落着。

みなさんももしVQ1005を分解するようなことがある場合は、事前にレンズの埋め込み位置はちゃんと印でもつけといたほうがよいと思われます。

P.S.今日VQ1005を購入したプロキッチンからメールがきていて、VQ1005が復活するかもということ。

ただ届いたサンプルで撮った写真が今までのものとぜんぜん違うそうです。

比較を見たら確かに違う。。。より広角でトンネル効果がなくなり、発色も変わった感じです。

Comments

Comments are closed.