utahblog

since Nov. 2003

ソフトバンク、日本テレコム買収基本合意

Posted on | 5月 27, 2004 | コメントは受け付けていません。

ソフトバンク、日本テレコム買収3000億円で基本合意

ソフトバンクの日本テレコム買収が基本合意したそうです。今日の午後にも発表されるようですね。
基本合意の内容は

日本テレコムの負債(1300億円程度)の肩代わり分も含めた買収額は3000億円超になる見通し。倉重英樹社長など日本テレコムの現経営陣は留任する見込みだ。
 リップルや欧米投資会社などが持つ日本テレコムの議決権のある株式を、ソフトバンクがすべて取得する。支払いには現金のほか、ソフトバンク株式などをあてる。

リップルウッドがボーダーフォンから買収した額は約2600億円なので400億円以上の利益となります。(単純計算ですけどね。)

だいたい15%くらい。けっこういい商売です(笑)
でも予想では1000億円を超えるという話だったので3000億円はびっくりです。

先日書いたエントリーではソフトバンクのメリットはあるのか?と書いたのですがあれからいろいろな人と話をしたり考えたりしてもう一つメリットがあるのかなと思ってきました。

この間あげたのは光ファイバー網とODN会員。それに日本テレコムのもつビジネスユーザーも魅力なのかもしれないです。Yahooブランドではまだまだ法人には浸透できてないですしYahoo=法人というイメージはないです。日本テレコムの専用線等のユーザーはその部分を穴埋めできる可能性を秘めています。
もしかすると今後マス向けのブランドはYahooに、法人は日本テレコムにと使い分けていくのかもしれません。

とにかくこれで日本の通信市場が激変することは間違いありません。これで立場が弱くなるKDDIがどのような動きをするのか?そして巨人NTTは?しばらく注目ですね。

Comments

Comments are closed.