utahblog

since Nov. 2003

gBrowserついに登場!?

Posted on | 1月 25, 2005 | コメントは受け付けていません。

グーグル、Firefoxの開発責任者を採用–「独自のブラウザ開発」の噂は本当か – CNET Japan

Googleがブラウザを開発をするのでは?という噂がでたのが去年の9月。その後あんまり情報はなかったのですが、今度の情報はブラウザ開発を決定付けるんじゃないか?というくらいの情報です。なんとFirefoxの開発責任者がGoogleに採用されたというんですから。

Firefoxがブラウザ市場で相変わらず好調でかつてのIE vs NNという構図とまでは行かないにしてもブラウザ市場はかなり熱いですよね。ぼくの周りでもかなりの人がFirefoxを使い始めました。セキュリティ面での不安もありますけどやっぱりタブブラウザは使い始めると止められません。なんでMicrosoftがIEにタブ機能をつけないのか不思議です。

そんな中Googleがブラウザを提供するなんてことになったら一層ブラウザの戦い面白くなりそうです。

Googleに移ったBen Goodgerは、

Mozilla Foundationの従業員ではなくなったという点以外は、「FirefoxとMozillaプロジェクトにおける私の役割はほとんど変わらない」とGoodgerはブログに記している。
 Goodgerは、今後もFirefoxの開発に携わり続ける。同氏は、2004年にFirefox 1.0をリリースして以来、「1.1、1.5、2.0の各バージョンの開発」に重点的に取り組んでいると、ブログに書いている。

と言っているようなのでgBrowserも当然MozillaベースになるんでしょうけどGoogleの検索とどこまで連携するのか気になります。WebだけじゃなくDesktop Searchとも当然連携するでしょうし、Gmailとも連携するのかなぁ。

モデルとしては広告モデルなんでしょうか?でもブラウザに広告を表示するって結構嫌がられますよね。Operaは購入すると広告が非表示になるというモデルでやってますけど・・・。

あくまでもYSTやMSN Searchに対する検索での優位性を保つための入口としてのブラウザなのか、それともまた新しい収入モデル(いいかえれば新しい広告収入)としてのブラウザなのか?
まぁどちらにしてもgBrowserの登場が待ち遠しいですね。

Comments

Comments are closed.