utahblog

since Nov. 2003

Napster to go 開始

Posted on | 2月 4, 2005 | コメントは受け付けていません。

ITmediaニュース:月額14.95ドルの「Napster To Go」、メーカーと共同で広告展開
ITmediaニュース:Napster、携帯版サービス開始で「反iPod」キャンペーン

Napsterがついに携帯端末向け音楽配信サービス「Napster To Go」をスタートしましたね。これにあわせて大々的なプロモーションもするみたいです。なんと今週あるスーパーボウルにもTVCMをだすとのこと。うーん、気合入ってます。スーパーボウルっていったら誰もが見てますからね。(アメリカにいたときは誰かの家に集まってピザとコーラで大騒ぎでした。)

「世界初の携帯版サブスクリプションサービス」をうたったNapster To Goでは、月額料金14.95ドルで、100万曲あまりのカタログから好きなだけ、楽曲を対応のMP3プレーヤーに転送できる。

ということでPCでは聴けないものの携帯端末だったら転送し放題みたいです。

携帯電話にも対応したりするのでこれは結構流行りそうな予感がします。サブスクリプションだしなぁ。ただアメリカって車通勤の人もかなりいますよね。そういった人は携帯端末では音楽聴かないだろうから、ターゲットは都市部に住む人と学生なんですかね?
でもAppleもMotorolaと提携してiTunesが搭載された携帯電話を開発中です。この手のサービスも検討してるんでしょうか?Jobsの言うとおり音楽配信サービスでは儲からず、iPodで儲ける戦略なのだとしたらこういったサービスやサブスクリプションも開始してもいいような気もしますよね。

ところでNapsterのサブスクリプションのモデルってちゃんとしってます?恥ずかしながらよくわからなかったのでちょっと調べてみました。
まずは普通のNapster。月額は9.95$でストリーミング聴き放題、HDへのダウンロードも3台までならOKなんだそうです。でCDに焼いたり、携帯端末で聴く場合はそのときに料金が別途発生するというモデル。
つまりiTunesは一曲ごとの販売でCDに焼いたり、携帯端末に書き出せますがNapsterは月額費用だけだとPCで聴くのみ。それ以外は別途ってことですね。
PCが基本の人はNapsterのがかなりお得なはず。
とはいえこのモデルだとiPod shuffleみたいな楽しみ方はできないのでそれを補完するのがNapster to goなのかも。こっちは最初にも書いたとおり月額14.95$で携帯端末への転送は無制限。ただし他の端末へは書き出せません。

どっちを選ぶのかはかなり難しい判断でしょうね。まぁiPodを使いたい場合は自動的にiTunes Music Storeですけどね。月10$でなんでも聴けてどうしても取っておきたいものだけお金を払うっていうのもありだとは思いますけど・・・。

どちらにせよ、日本より音楽配信サービスがはるかに進んでいてユーザーフレンドリーになっていることは間違いないです。日本でも価格が安くなってDRMも緩くなったり、サブスクリプション型が登場したりするのかなぁ。携帯電話向けはauがやってますけどあれも高いし・・・。
でもなんとなく今までの感じからするとすぐにはそんな状況にはならなさそうですね・・・。

Comments

Comments are closed.