utahblog

since Nov. 2003

MSはNokiaと提携、そしてWalkmanブランドも復活

Posted on | 2月 15, 2005 | コメントは受け付けていません。

ITmediaニュース:MSとNokia、携帯向け音楽配信で提携

Microsoftも携帯電話向けの音楽配信サービスに参入するみたいです。しかもパートナーはNokia。AppleがMotorolaをパートナーにしたようにビッグパートナーを手に入れたみたいです。
でもその関係はApple+Motorolaとはちょっと違い、Microsoftも譲歩を強いられたみたいですね。

MicrosoftとNokiaが音楽配信での提携を発表した。Nokiaの携帯はWMAとWindows Media DRMをサポートし、WMPはOMA DRMとAACコーデックをサポートする。

というようにWMT以外のコーデック、しかもAAC+DRMをサポートするらしいのです。その理由は、

Nokiaとデジタルメディアサービス企業Loudeyeがキャリアを通じて提供する携帯電話向け音楽サービスは、OMA DRMとMPEG AACを採用。


というようにすでにNokiaが提携しているサービスも受け入れられるようにすることみたいです。本来WMAでの音楽配信を広めたいMicrosoftにしたら結構苦渋の決断だったんじゃないでしょうか?でもそれくらいに携帯分野でのビッグパートナーを手に入れたかったんじゃないかと思います。

一方Sonyも音楽が聞くことができる携帯電話に力を入れるみたいです。
ITmediaニュース:「ウォークマン」ブランドのMP3携帯電話登場へ
なんとWalkmanブランドの携帯電話。これはうれるかもしれないですよね。Walkmanといったら世界的なブランドですからね。そもそも携帯音楽プレイヤーになぜWalkmanというブランドをつけなかったのは戦略的なミスではないかとまで言われてたりしますもんね。
当初はリッピングした楽曲のみが対象だそうですが、

 フリント氏は、当初ユーザーが手持ちのCDをリッピングしてこの携帯電話にコピーすることを想定。しかしSony Ericssonは、ソニーのオンライン音楽ストアConnectと協力して同携帯電話向けに音楽ダウンロードサービスを提供する予定だ。

というようにConnectのサービスも予定されているみたいです。

Connectカンパニーは立ち上がったもののあまり噂は聞きません。どうなっているんでしょう?でもこの記事を見ると着実に仕込みはしているのかもしれませんね。

今年はどうも携帯電話と音楽配信という組み合わせがスポットライトを浴びそうな感じです。そういう意味では日本は一歩先をいってるのかな?

Comments

Comments are closed.