utahblog

since Nov. 2003

NY TimesがAbout.comを買収

Posted on | 2月 21, 2005 | コメントは受け付けていません。

Japan.internet.com Webファイナンス – NY Times、情報サービスサイト About.com を買収

日本じゃlivedoorによるニッポン放送株取得で最近大騒ぎです。週末もホリエモン、かなりテレビにでてましたよね。海の向こうアメリカではそれとは逆に伝統的メディアであるNY TimesがAbout.comを買収したんだそうです。

New York Times Company (NYSE:NYT) が、情報 Web サイト『About.com』を傘下に加える。同社は17日、About.com を運営する About を、PRIMEDIA (NYSE:PRM) から現金4億1000万ドルで買収することで、両社が合意に達したと発表した。PRIMEDIA は、2000年に About.com を買収していた。
8日付の『New York Times』紙が伝えるところによると、About の買収を巡っては、Google (NASDAQ:GOOG)、Yahoo! (NASDAQ:YHOO)、Ask Jeeves (NASDAQ:ASKJ) も手を挙げていたという。


しかもGoogle、Yahoo、Ask Jeevesとの争いの中で獲得するとはすごいですよねぇ。

今回の買収の目的は、

New York Times Company は、About.com 獲得について、インターネット利用者へのリーチ拡大、オンライン広告枠の多様化、およびペーパークリック広告枠の増加、の狙いがあったと述べている。

とのこと。

すでにNYTimes.comを含め40サイト(ちょっとびっくりですよね!)も運営しているとはいえ、新聞社という伝統的メディアがAbout.comのようなインターネットならではのメディアに価値を見出し買収するというのはメディアとしての先見性をもっているような感じがします。

それに比べると日本はどうなんでしょうね?株式を取得され大慌てになり、ホリエモンのTV出演を禁じたり、「最高の弁護士がついている。」ということを拠り所にしてみたりとどうも本当にメディアというものの将来をきりんと考えていたのか疑問です。
TV局がポータルなどを傘下に収めようという動きがあってもいいような気がしますよね。

Comments

Comments are closed.