utahblog

since Nov. 2003

ソニーミュージックネットワーク設立

Posted on | 2月 23, 2005 | コメントは受け付けていません。

ITmedia ライフスタイル:音楽・映像配信の新会社「ソニー・ミュージックネットワーク」が設立

ソニーミュージックエンターテイメント(SME)が音楽・映像配信を手がける100%子会社ソニー・ミュージックネットワークを設立するんだそうです。ふむふむ、Connectカンパニーを年末に立ち上げ,
そのまず第一歩としてレーベルであるSME配下で事業を行っていくんだな、本格稼働開始だなぁ。って思ったらどうもそういうわけではないようです。

現時点では、SMEJ公式サイト「Sony Music Online Japan」やオンラインマガジン「MORRICH」などを運営しているSMEJの「デジタルネットワークグループ」と、音楽配信サイト「bitmusic」を運営しているソニー・ミュージックダイレクトの「マーケティンググループ bitmusic」の営業活動が同社へ移管されることが発表されている。


というようにConnectサービスについては一言もふれられていないだけではなく、

ソニー全体としても音楽配信サービスや対応デバイスなどの企画・開発を手がける本社直属組織「コネクトカンパニー」を設立しており、同社ではこうした動きとも連動しつつ活動を進めてゆくものと思われる。

とのこと。
えっまだ連携してないんですか?
それってありなんですか??

ソニーが音楽配信事業でもしかすると生き残れる可能性があるのはサービスから端末、そしてレーベルまで自社ですべてカバーできるということです。しかしもしかするとレーベルを持つということは逆に他のレーベルをどう扱うかという問題も抱えるのかもしれません。(現在事業を行っているレーベルゲートはSMEが中心とはいえ各レーベルが出資してますけど。)

これは想像ですけどもしかしたらSony本体でConnectカンパニーができたことで今までSonyグループの中で音楽配信に深く関わってきたSMEが主導権を奪われるのをいやがって先手を打って会社を設立してしまったのかもしれません。レーベルとしてのSMEに不利な形になるのは避けたいと考えて。(ちょっと考えすぎ?)

でももしそうだとするとSonyの音楽配信戦略にはなんとな〜く暗雲が立ちこめている感じもします。だって別会社を作っちゃうってことはなんかうまく連携できなさそうな気がしますよねぇ。

果たして今後どうなるのでしょう?
Connectサービスは日本でいったいいつ始まるのでしょうね?

Comments

Comments are closed.