utahblog

since Nov. 2003

SkypeIn登場

Posted on | 3月 11, 2005 | コメントは受け付けていません。

P2P電話「Skype」の最新ベータ版、SkypeInやVoicemailなど新機能搭載

Skypeの最新版がまた登場しました。最近バージョンアップよくあるような気がしません?
今度のバージョンではいよいよSkypeInが使えるようになります。

SkypeInは、国や地域ごとの電話番号を各ユーザーごとに付与する有料サービスで、利用料は12カ月30ユーロ、3カ月10ユーロ。米、英、仏の各地域や中国の香港のいずれかの地域を選択すると、電話番号が設定される。例えば、米国でシカゴの電話番号を取得すれば、本人がパリにいたとしても、シカゴの友人からは米国内の通話料金で電話できる。なお、このほかの国や地域に関しても「働きかけをしている」という。

ついにSkypeに既存電話から着信できることになるわけですよね。

しかも一つの番号で世界各国にいても電話が受けられるってことです。全世界ローミングってことです。これってけっこうすごいことじゃないですか?
しかも携帯のローミングとはちょっとちがって着信した場所ではなく登録した電話番号の地域への料金が適用されるのも結構大きいですよね。
日本にいてもアメリカとのやり取りが多い人なんかはアメリカの番号を取得すればそれだけで全然コスト削減になります(自分のではなく相手のだけど)。
年間30ユーロってことは代替日本円にして4000円。一月あたりにすれば350円弱。
けっこういいかもなぁ。まぁPC立ち上げてなくても使えるようにならないと完全に電話に置き換わるのは難しいと思いますけどね。

そのほかVoicemailという留守電機能もついたそうです。(これって今だとSAMってソフトで実現できてますけど・・・)

どんどん進化していくSkype。
とりあえずSkypeInで日本の番号使えるようにならないかなぁ。

Comments

Comments are closed.