utahblog

since Nov. 2003

iTunes4.8は動画も再生可能

Posted on | 5月 11, 2005 | コメントは受け付けていません。

「iTunes 4.8」が動画ファイルの管理や再生に対応。脆弱性も修正

iTunesが4.8にバージョンUPしました。別にバージョンアップは珍しくないし、4から5にメジャーバージョンUPしたわけではないのでそんなに対した違いはないんじゃないかなぁと思っていたら、そうではなかったんです。
なんとiTunesで動画が再生できるようになったんです。
これはかなり大きな新機能ですよね。
再生できるのはまぁ当然といえば当然なのですがQuicktime形式のファイル。
一応Quicktimeが標準であつかえる映像フォーマットなら再生が可能みたいですね。(でもいくつかのフォーマットは再生できないという報告もありますけど。)

4.8ではアートワーク内のほか、別ウィンドウやフルスクリーンでQuickTimeムービーファイルを再生できる。

ということらしいのでもはや動画再生プレイヤーとしても使えるかもしれないですね。う~ん、Windows Media Playerに近づいているのかなぁ。

でこの動画再生機能が付いたことでiTunes Music Storeのほうに新しい機能というかサービスが加わったそうです。

動画再生機能に伴い、海外で展開されている音楽配信サービス「iTunes Music Store」では、ビデオクリップ付きのアルバム販売が開始された。該当するアルバムを購入することでビデオクリップをダウンロード、iTunesで再生できる。また、無料で視聴できるプロモーション動画も用意されている。

ビデオクリップ付きのアルバムというのは他の音楽配信ではまだないし、差別化になるかもしれないですよねぇ。もしアルバムと同じ値段だったらお得感もあるし。

iTMSに無料のビデオがあるらしいので早速見てみました。
左のメニューに「Music Videos」と「Movie Trailers」っていうのがあってそこにあります。Movie TrailersはAppleのHPにあるやつと一緒みたいですね。

でMusicVideoのほうを見てみるとメインの部分に動画が表示されるんですけどすごいのはその下にその楽曲がちゃんと表示されて購入できるんです。もちろんiTMS内のアーティストページにもリンクしてます。う~ん、これまたよくできたインターフェースです。しかもPVが500本以上もありますからねぇ~。これだけでもかなり使えます、というか楽しめます。
これがあればYahoo Music(旧Launch)なんかいらないかもしれないです。

う~ん、やるなぁ~Apple。今後こういうPVを見せて楽曲を売るっていうやり方増えてくるかもしれないですねぇ。でもUniversalみたいにPVを有料にするというところもありますよね。日本だとAVEXがPRISMIXって名前でPVを有料配信してますし。
今後どうなっていくのかなぁ。

そしてもっと気になるのはこのままAppleが映像配信まで手がけたりしないかなぁということ。ご存じJobsはピクサーも率いてますからねぇ。それにTigerはHDにも対応してるしAppleと映像は切り離せません。でもiPodは映像対応にはしないってJobsは何度も言ってるんですよねぇ。う~ん、でもiTunesが動画再生対応になったことで映像配信も視野に入っている気がしません?僕はします。だって「フラッシュメモリー型の端末なんてださない。」っていってしっかりiPod shuffleだしましたから(笑)。
でもQuicktime向けのDRMってあったっけ?と思ったらちゃんとあるんですね。だとするとやろうと思えばいつでもできそうですねぇ。

うん、近々そんな発表があるかもしれないですね。楽しみだなぁ~。

Comments

Comments are closed.