utahblog

since Nov. 2003

Google Print が公開

Posted on | 5月 31, 2005 | コメントは受け付けていません。

書籍の全文検索が行なえるサーチエンジン「Google Print」ひっそりと公開

去年の10月に正式にスタートした書籍の全文検索Google Printがまたまた公開という記事があったのでいったいなんだろ?と思ってみると書籍の全文検索だけを出来るページができたんですね。

Google Printのサービス自体は2004年秋以来Googleの検索内容に含まれており、検索キーワードが含まれる書籍がある場合には検索結果の中に Google Printのページもリストアップされるようになっていた。しかし今回公開されたのは、書籍内容に限定して検索できるサーチエンジンだ。必要な情報が含まれる洋書を探す際に重宝するだろう。

意外に重宝しそうですよね。調べ物するときとか。どれくらいの書籍が登録されているのかわからないですけどちょっとした調べ物だったら本屋までいって立ち読みする必要がなくなります♪。

このGoogle Printは、

Google Printでは、出版社が自社の書籍を提供し、Googleがその内容をインデックスしている。表示されるページ数は出版社との契約によって限定されており、同じユーザーが30日を超えて利用することはできない。また、ブラウザを使って印刷することもできないように設定されている。しかしGoogle Printは、Amazon.comやBarnesandnoble.comなどのオンライン書店にリンクしており、検索結果から直接書籍を購入しに行くことが可能だ。出版社はこのことによって利益を得ることができる。

というように非常に出版社に気を使った仕組みですよね。Amazonも確か印刷できないようになっていたと思いますが、今Amazonで見てみようとしたらユーザー登録をしなきゃいけないんです。しかもクレジットカードの登録も。う~ん、ちょっと面倒ですねぇ。そういう意味ではGoogleのほうが利用価値はありそうです。
でもこのGoogle Print、Amazonからも購入できるようになっているのでAmazonなどの書店も恩恵に預かれるし、出版社は広告収入の一部を受け取れるし、Googleはユーザーが集まるし、ユーザーは調べ物とかに利用できるし、なんかみんなHappyになれる感じです。
こういうサービスっていいですよねぇ~。
日本でも早く提供されないかなぁ~。

Comments

Comments are closed.