utahblog

since Nov. 2003

使い捨てビデオカメラ登場

Posted on | 6月 8, 2005 | コメントは受け付けていません。

「使い切りビデオカメラ」がついに登場,価格は29.99米ドル – デジタル家電 – Tech-On!

thumb_170_camcorder1.jpg
アメリカでなんと使いきりのビデオカメラが発売されるんだそうです。使いきりということは一度限りしか使えないってことです。
発売するのはドラッグストアのチェーン店CVS。すでに使い捨てデジカメも発売しているそうです。現在は1400店舗、6月26日には4500店舗で発売するそうです。
で気になるスペックは、

内蔵する128Mバイトのメモリに,最大20分間の動画を撮影できる。動画の符号化方式にはMPEG-4を利用する。価格は29.99米ドル。結婚式や休暇中の旅行先,ホーム・パーティなどでの利用を想定する。

20分の動画で29.99ドルですかぁ。う~ん、しかも使いきり。決して安くはないですよね。MPEG-4でメモリ録画型のビデオカメラだと日本だと1万円くらいから確かあるはずですからね。

とはいえドラッグストアで気軽に買えるのはありがたい時もあるかもしれないですね。パーティーに行く前にちょっと買って行くとか。

でこのビデオカメラの肝は、

撮影後にCVS社の店舗にビデオカメラを持ち込んで,DVDに記録するサービスを受ける。DVDに記録するサービスの料金は12.99米ドル。

という部分。つまりCVS社としてはビデオカメラを売るだけじゃなくDVDへの記録も一括して受けることで端末とサービスを統合して提供するわけです。こうすることで端末はきちんと回収できるしDVD作成でまたお金を落としてもらえますよね。まぁまさにカメラと一緒です。

意外にありなビジネスモデルかもしれないですね。
ちょっと面白そう。日本でもどっかやりそうな感じがしますね。

Comments

Comments are closed.