utahblog

since Nov. 2003

テレビはHDDレコーダーで見る

Posted on | 7月 1, 2005 | コメントは受け付けていません。

矢野経研、HDDレコーダーによる視聴スタイルとテレビCMへの影響を調査 – CNET Japan

ちょうど一ヶ月前くらいに野村総研が「HDDレコーダーによるテレビCMの損失は約540億円」という調査結果を発表してけっこう話題になりました。今度は矢野経済研究所がHDDレコーダーによるテレビの視聴スタイルと広告に関する「2005 視聴スタイル動向調査」の結果を発表しました。
この調査の結果のポイントはユーザーだけでなく広告主にもアンケートしているところ。これかなり気になるところですよね。広告主だけじゃなく広告代理店にもアンケートしてほしかったですが・・・。

でその結果はというと調査によると、

HDDレコーダーにおけるCMスキップ率が「ほぼ毎回(9割以上)」と答えたユーザーは45.5%、「頻繁にする(7~8割)」は23.6%で、日常的にCMスキップを利用するユーザーは約7割に上った。

 ビデオデッキを利用していた頃と比べた週当たりの視聴時間の増減については、録画時間が76.3%、再生時間が71.0%「増加した」と回答。リアルタイムによるテレビ視聴時間としては、63.5%が「変わらない」とする一方で、23.1%が「減少した」と答えている。


CMスキップの利用は予想通りですけどHDDレコーダーになって録画も再生時間も増えてるんですね。
まぁでもよくよく考えると僕もそうです。ビデオの時はドラマなんて見なかったのにHDDレコーダーを買ってからは見るようになりましたからねぇ(何年振りかに月9なんてみちゃったりもしてます(笑))。

矢野研がこの調査結果を受けて、

「週あたりで録画は3時間7分、再生は2時間29分増加し、リアルタイム視聴は20分減少した。リアルタイム視聴は微減したが、再生視聴が増加したため、テレビとの接触時間は合計2時間9分増加したことになる」

という結論を出しています。

そういう意味では広告主の反応、
「リアルタイム視聴が微減であれば、テレビCM優位の方針に変更はない」
というのも現時点ではあながち間違ってないかもしれないですよね。リアルタイムで20分減っても再生が2時間増えていればその中でCMを見る人もたぶんいるはずですからね。

前にエントリーしたときには、
「それを考えるとHDDレコーダーの登場でCMスキップする率が高くなったわけではなく、HDDレコーダーの登場でリアルタイムの番組よりも録画した番組を見ることが増えたためにテレビCMの価値が下がってことなんだと思います。(とはいっても結果は同じですけどね。)」
なんてことを書いたんです。録画した番組を見ることが増えたということはあってますけどそれで一概にCMの価値が下がったというのは現時点ではそうではないのかもしれません・・・・。全体のパイが広がっているってことですからね、テレビ視聴の。

なのでHDDレコーダーはインターネットなどに奪われた可処分時間をテレビにもう一度取り戻しているのかもしれません。そう考えるとテレビというメディアがもう一度注目される可能性もあるかも。

ただちょっと気になる結果もあって、

ユーザー調査では、リアルタイムで視聴できるにもかかわらず、CMスキップや早見再生を使って効率的にテレビを視聴するために、あえてHDDレコーダーに録画するユーザーが増加傾向にあることも判明している。こうした視聴スタイルが「増加した」とするユーザーは45.6%にのぼり(図2)、YRIでは「リアルタイム視聴を直接減少させる視聴スタイルが増加すると、テレビ広告事業モデルという観点では将来問題となる可能性がある」としている。

なんだそうです。リアルタイムで見ることができるのにわざわざ後で見るというスタイル。う~ん、まさに番組表、いやテレビ局の番組編成というものから脱出しているってことですよねぇ。
テレビ広告は今後どういう方向に行くんでしょうね。
そういえば関東では夏の甲子園はNHKのみですけど関西だと朝日放送でもやってるんです。で回と回の間は画面の下のほうだけCMが流れてるんですよ。上の部分は観客席が写ってるんですけどね。なので今のCM枠でも例えばメイキング(音無)を上部で流しながら下部でCMを流すなんていうやり方もあるのかもしれませんね。(まぁ目線は上部にいっちゃうので効果はわからないですけどCMスキップする率は少なくなると思います。)

前回は、
「今後の広告はどういう方向に行くのか、利権の集中みたいにいわれていた広告代理店がテレビCMに変わる何かを見つけるのか?それともテレビCMの新しいモデルが生まれるのか?気になるところです。」
なんて最後に書きましたけどやっぱりテレビCMがなくなることはなくて新しいモデルが生まれる可能性のが高いのかなぁという気もしますね。

どちらにせよ、HDDレコーダーがテレビ視聴のかなり重要なポジションを占めていくんでしょうね・・・。

Comments

Comments are closed.