utahblog

since Nov. 2003

フジテレビも配信ビジネス開始

Posted on | 7月 12, 2005 | コメントは受け付けていません。

フジテレビ、テレビ番組を有料配信する「フジテレビ On Demand」

日テレだけじゃなくフジテレビも本格的にテレビ番組のネット配信を始めるみたいです。同じ日に発表されるなんてなんかあるんですかねぇ~。

フジテレビは、有料のオンデマンド映像配信サービス「フジテレビ On Demand」を7月より開始する。配信はISPなどを通じて行なわれ、PC以外にセットトップボックス(STB)向けにも番組を提供する。

 フジテレビはこれまでも、TBS・テレビ朝日と共同で行なった映像配信サービス「トレソーラ」、「FNNニュース」の提供といったインターネット向けの動画配信に取り組んできた。今回のフジテレビ On Demandは、トライアルステージとして位置付けられた7月のサービス提供を皮切りとし、本格的な動画配信サービスとして提供されるもので、当初はCS 放送「フジテレビ721・739」のコンテンツを中心に配信する。また、CS以外のフジテレビのコンテンツや、オリジナルコンテンツの提供も検討の対象に含まれているという。

日テレとの違いはフジテレビはPCだけでなくSTBも視野にいれていることと自社でサービスを展開するのではなくISPやコンテンツ配信事業者にコンテンツを提供するという形を取るところでしょう。後者についてはNHKと同じスタンスですね。

でもフジテレビってトレソーラの時は自分たちが中心となってサービス提供をしてました。そこでの経験からやっぱり自社で展開しないほうがよいという判断になったんでしょうかねぇ?まぁ配信インフラコストもかからないし、リーチできるユーザー数もこのやり方のが多いですからリスクは少ないと思います。どちらかというとレンタルビデオの延長ですよね、フジテレビにしたら。

あとSTBでの配信もするという部分はかなり注目だと思います。日テレはこのあたりについては言及してませんでしたけど自社でサービスするとなるとSTBまではたぶん手が回らないと思います。なのできっとPCのみかなぁと。でもそうなると結局本来テレビ局として囲っておきたいテレビからユーザーが外に出て行ってしまいます。STBまで対象にすればテレビから離れることはないですからね。

とりあえず配信されるのは、

 7月15日からはトライアルステージの第1弾として「2005ワールドグランプリ女子バレーボール」を配信。8月には山崎まさよしのライブ映像「山崎まさよし 10th anniversary ONE KNIGHT STAND TOUR 2005」を配信するほか、8月以降はフジテレビ721・739のオリジナルコンテンツ「週刊少年『』」「みんなの鉄道」「プラモつくろう」「温泉へ行こう!」「ゴルフギアアカデミー」などの配信が調整中だという。

バレーボールは地上派と一緒だし、ライブ映像は目新しくありません。CSフジの番組はCSに入っていない人にとって魅力があれば貴重ですけどね・・・、今のラインナップじゃなぁ。
まぁコンテンツとしては日テレよりちょっと劣りそうな感じもしますね。

Comments

Comments are closed.