utahblog

since Nov. 2003

日本でもポッドキャスティングが続々と

Posted on | 8月 2, 2005 | コメントは受け付けていません。

TOKYO FMもポッドキャスティングを開始–まずは特別番組から – CNET Japan
吉本芸人がポッドキャスティングで笑わせまっせ – CNET Japan

iTunesにポッドキャスティングが搭載されてポッドキャスティングの認知度が一気に高まって来ている最近ですが、日本でもポッドキャスティングを始めるところがどんどん出てきそうな気配です。

まずはTOKYO FMとexciteが昨日から始めた「Honda SWEET MISSION」のポッドキャスティング。この番組は、

TOKYO FMで月曜日から金曜日まで放送している10分間の番組「Honda SWEET MISSION」の番外編として、毎週土曜日に配信する。番組の内容はインターネットのみで提供される特別番組で、エキサイトで展開されているHonda SWEET MISSIONのブログと連動して配信される。

という形。番外編としたのはきっと、
「なお、著作権的にネット配信が困難な楽曲は番組内で使用されていない。」
という部分なんだと思います。通常の番組だと絶対楽曲が使われちゃってますからね。楽曲を流した時点で著作権問題が絡んでくるのでこの部分はまだまだ先になりそうな気がします。とはいってもユーザーとしては楽曲も当然聴きたいですよね・・・。

そういう意味ではFMとかラジオってポッドキャスティングに向いてなかったりするのかな?あっでもオールナイトニッポンとかポッドキャスティングされたら聞きたいかも。(まだあるんでしょうか??)

でもう一方のポッドキャスティングは吉本。

配信される主なコンテンツは、「石田靖・さとう珠緒の上っ面トーク」「井手らっきょのハダカ一貫!」「千原靖史のせいじBar」「YOSHIMOTO HYBRID HOUR:インパルス」など。ほかにも人気若手芸人の番組を多数配信予定で、ベルロックメディアでは「日本のエンターテイメントポッドキャスティングのリーディングサイトを目指す」としている。

というようにお笑いのトーク番組。これだったらその魅力を余すことなくポッドキャスティングで提供できますもんね。さすが吉本。それにここを若手の登竜門的な位置づけにしてここから次のスターを生むなんてこともできるはず。最近ちょっとブームの落語なんかもポッドキャスティングと相性よさそうですよね。

落語以外は何があるかな。語学用コンテンツなんてポッドキャスティングにあいますよね。有料サブスクリプション型ポッドキャスティングなんていうのもできるかも。あっNHK、ポッドキャスティング始めないですかね。基礎英語とかフランス語講座とか。絶対ユーザー増えると思うんですけどねぇ。そもそもコンテンツももってるし、そんなにお金をかけなくてもできるような気がするんですけど、どうでしょうNHKさん?

Comments

Comments are closed.