2004年08月27日

livedoor,今度は報道部門を設立

ライブドア、11月にも40名体制の報道部門設立〓スタッフの募集も開始

livedoorが11月に報道部門を設立するというニュースがありました。

11月にも約40名体制の報道部門を設立し、「livedoor ニュース」で独自のニュースコンテンツを提供すると発表した。同社Webサイトでは、すでにスタッフの募集も開始している。

ポータルのニュースといえば報道機関のニュースを仕入れ、それらのニュースを時系列やカテゴリ毎に見せるというものでしたが、そこに独自のニュースが加わるってことですよね。
しかも、
一般ユーザーが記者登録することでニュース記事を投稿できる機能も追加する。ただし、登録には講習や研修が必要になる予定で、記事に対する評価制度なども実施し、記事の品質を高める方針だ。

ということまでやるらしいです。

それよりも気になったのは、

●コラム
今後、ネット上で独自のジャーナリズム活動を展開している個人・法人と提携し、読み応えのあるコラムを掲載いたします。

です。もしかするとlivedoorはCNETみたいな形を目指しているのかな?と思ったりしました。
そのうちlivedoorでコラムを持つことが一つのステータスになったりするかもしれないですね。

でも確かにポータル初の試みではあると思うのですがどれくらいの効果がでるのでしょう?

今のポータルのニュースだって結構十分な量だったりします。すべてを全部読み切れている人はそんなにはいないでしょう。自分の気になる記事だけを読んでいるわけですよね。自分の気になる記事は専門のサイトに行けばより細かいことまで出ていますしね。
たぶん今インターネット上で足りないニュースって地域に密着したニュースなんじゃないかなぁ。ローカルの新聞社もWeb化されてきていますがそれもまだまだ少ないですし、ポータルニュースに提供されているところは少ないです。こういったところを網羅するほうが確実なんじゃないかなぁ。全国各地のニュースを独自でということになると少人数ではできないですし、一般ユーザーからの投稿では本当に客観的なニュースになるかという不安もありますしね。
独自のニュースというよりもまだまだ既存のニュースで取り込むべきところが残っているような気がします。

あとはやっぱりニュースの客観性みたいなものがきちんと保てるのかどうか。当然記者の思いは記事の中に入りますけど報道機関に求めることって事実をありのままに伝えることのような気がします。(コラムとかは別ですよ。)そこがきりんと担保できるのかなぁ。一般ユーザーからの投稿がブログと同じようなものにならないか心配です。

でも一つ考えられるのは今後ニュースもRSS配信が一般的になるとポータルニュースはアクセス数が激減していくでしょう。そうなったときに独自ニュースをもっているとその部分ではアクセスされるという可能性はありますよね。そこまで考えているのかなぁ。

livedoorニュースは未来検索と連動して関連ブログなんかも表示されるので結構重宝したりします。
この独自ニュースがどういった形になっていくのかは気になるところです。




CelebrityPlaylist_468x60.jpg
宅配ピザのドミノ・ピザ

Trackback on "livedoor,今度は報道部門を設立"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"livedoor,今度は報道部門を設立"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» ライブドア、読売新聞に村八分される

  • 2004年08月27日 18:22
  • from とんでもない事件簿

7/29の社長日記によると 7月末~8月頭にライブドアニュースの大幅配信記事増強を考えていたんだけど、 順調に進んでいた読売新聞の記事配信がなぜかキャンセルされる。 なぜだろう・・・。読売なくてもニュースサイト的には平気な気もするけど、どうだろう? どうだろ [続きを読む]

Comment on "livedoor,今度は報道部門を設立"

"livedoor,今度は報道部門を設立"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •